迷犬?ボビーの税務相談

 飼い主のお手伝い!?
なにやら怪しい税務相談のコーナーです。
                                               
                                                   
                                                        
   「ボビーです。飼い主はゼイキンの専門家。いろいろわからないこと、お聞きください。
まず、兵庫県・宝塚市にお住まいの主婦KHさんからのご質問です。」

 ちょっと聞いてください。
  今春うちの一人息子ネル(ミニチュアダックスフンド)が動物病院でヘルニアの手術を受   
 け、 入院代やら手術代、薬代などで、全部で12万円7千円かかりました。私の歯の治療代
 3万2千円と主人が風邪をひいたときの薬代2100円を全部合計すると、16万1100円にな
 りますが、来年の確定申告で、医療費控除が受けられるでしょうか?


「センセどうでしょうか。10万円は超えてるようですけど?」

 はっはっは。受けられるといいねえ。ペットは、立派な家族の一員ですからねえ。
  しかしながら、当然ですが、答えは、ノーです。
  医療費控除の対象となるのは、納税者が「本人又は本人と生計を一にする配偶者その他
  の親族の医療費を支払った場合」となっています。愛犬は、生計を一にするという点では当
  てはまるかもしれませんが、親族にはあたりません。
  また、医療費控除の対象となる医療費の範囲として、「医師又は歯科医師による診療費又
  は治療費」が挙げられますが、「獣医師」は含まれていません。ネル君、元気になってよか
  ったね。
             


  「ということです。ネル君のお母さん、よろしいでしょうか。
マジメな先生を困らせるような難問・奇問をお待ちしています。
こちらへどうぞ。」 zeirishi@office-nishioka.co.jp

飼い主のオフィスへお立ち寄りください。 
メインページへ